アンチエイジング効果のヒト幹細胞美容液が流行っていますよね。 しかし、いろいろな商品の口コミを見ていると、効果がある方もいれば、体質に合わなかった方も見受けられます。

人間の体質はそれぞれ違うので、「仕方がない」とあきらめた方も多いのではないでしょうか? ところが、新しく開発された「レナセル」というヒト幹細胞美容液は、今までの美容液とかなり違うのです!

その違いとは、遺伝子検査のデータを元に体質に合った美容液を作ってくれるという画期的なセミオーダー美容液です。

価格少し高めなことがネックですが、遺伝子検査つき「レナセル」を使ってみたくなったので、口コミを参考に使ってみたいと思います。

レナセルのよい口コミ

値段が高かったのが悩みどころでしたが、定期コースのキャンペーンがあったので購入しました。 自分の肌に合った調合なのですが、本当に使い心地がいいです。 シワが消えるのではなく、肌が張ることによってシワが伸びて薄くなるという感じです。(47歳)

登場人物A

以前は某幹細胞液を使っていたのですが、私が乾燥肌だったためにヒリヒリ痛んで合いませんでした。 レナセルは自分向けにカスタマイズしてもらえるのですが、それでも初めは普通の液でした。 他の液より高めなのにどうして?と思いましたが、2週間で乾燥肌が改善されました。 今までこんなことなかったので、普通の幹細胞液が合わない方にはおすすめできます。(44歳)

登場人物A

レナセルより手ごろな化粧液はそこら中にあるので、それで事足りる人にはニーズの無い商品だと思います。 ただ、私は顔がたるむ傾向があって、今流行のヒト幹細胞でも効果がいまいちでした。 使ってみると顔のたるみより肌がすべすべでくすみも薄くなりました。 1ヶ月でたるみもわかりにくくなって感動しました。 値段は高くてもさすが最先端科学のオーダー化粧品! 使うのを止めたらもとに戻るかもしれないので、他の経費を節約してもう少し続けたいとます。(53歳)

レナセルの悪い口コミ

登場人物A

セミオーダーだけに効果はありましたね。 前に使っていたヒト幹細胞培養液は、肌にかゆみがきつくて合いませんでした。 これだとかゆみは一切ありませんが、続けるとなると本当に費用がかさみます。 私はちびちび使いながら4ヶ月でいったん休止して、その残りをなくなるまで使う予定です。 こうすれば検査費はかかりませんし、また使いたくなったら復帰できます。(49歳)

登場人物A

使えば肌の調子は良くなりますし、くすみや薄いシワくらい分からなくなります。 化粧のノリだって申し分ないのですが、自分専用のオーダー品だけあって2回目から高いのがネックです。 今はともかく、他に安いものがあればいつか乗り換えると思います。(51歳)

発売されてから長い期間が経っていないのと、価格やオーダー制の影響で口コミはそんなに多くありません。

わざわざ遺伝子を検査するだけあって、効果の方はおおむね満足なものの、価格面がもうちょっと安ければという声も多いです。

レナセルの効果を試してみた!

ヒト幹細胞美容液といっても、人間の幹細胞そのものではなくて幹細胞の培養ができる液体です。 その新しい美容液は、私のようなアラフィフの女性にも希望を授けてくれるわけですが、その価格はピンからキリまであります。

安いものでは千円以下、高いものだと7万円以上もするのですが、一般的には1万円前後が多いようです。 レナセルは普通より少しだけ高いなので、アラフィフからアラフォーあたりなら何とか試せる価格だと思います。

遺伝子の検査方法

検査に使われる私たちの細胞は、肌ではなく唾液の細胞が使われます。

  1. 検査申込み同意書に必要事項を記入します
  2. 口の中を10~20秒ほどすすぎます
  3. 付属の綿棒で綿になってる方を、頬の内側に強く当てて綿棒で10回ほど回転させるかこすります
  4. 反対側も同じようにこすることで、唾液の細胞が綿に吸収されます
  5. 終わったら綿棒を検査容器に入れて、キャップをしっかり締めましょう

細胞採取で気を付けること

  • 細胞採取の1時間前からタバコ・カフェイン・うがい薬の利用は避ける!
  • 綿の部分に触れないようにする!
  • 採取したら速やかに検査キットを郵送する!

効果的なレナセルの使い方

液の浸透力が高い状態が効果的なので、朝と夜の洗顔後に使いましょう。 もちろん、レナセルを使った後は化粧水や乳液などのケアも必要です。

1回で使う分量は3~4プッシュです。

レナセルを使い始めてからすぐ

ヒト幹細胞美容液ならではの独特な匂いは、ご存知の方も多いと思います。 で、レナセルもやはりその匂いがします。

塗り心地は他の美容液と変わりませんが、私のような敏感肌でもヒリヒリしないところはすごく気に入りました。

レナセルを使い始めてから2週間後

その時がくればレビューしますね。

レナセルはどこで買える?

楽天やamazonで検索しても見当たりませんし、薬局などでも市販される予定はないでしょう。 レナセルはセミオーダーで細胞検査を必要とするので、公式サイトから申し込むしかありません。

なお、レナセルは定期コースで初回が5,980円、2回目以降は12,800円です。 定期コースだと4回以上の継続で検査費の24,800円が無料になります。

定期コースじゃなくて1回だけでも購入できますが、検査費がかかって超割高になるのでおすすめしません。 

レナセルの成分

主な成分はプロテオグリカン・アクアタイド・ロイヤルビオサイトの3つで、肌の土台づくりや保湿はもとより、老化由来の排出物も分解する役割があります。

さらにAPPS浸透型ビタミンC・AA-2G複合機能ビタミンC・アミトース保湿型ビタミンCという3つのビタミンC誘導体が、遺伝的なシミに効果をサポートします。 なぜそれらのビタミンC誘導体が肌にいいのかというと、美容に効果的なビタミンCを従来の誘導体より100倍以上も浸透させられるからです。

あと、ナールスゲン・プロジェリン・リフトニンがコラーゲンに働きかけ、遺伝的なシワに効果をサポートします。

乾燥肌にはHA4、ヒト型ナノセラミド・ヒアロオリゴ・ヒアロリペアが効果をサポートします。

レナセルの副作用は?

国産の素材しか使われていないうえに、培養液自体は植物が主体になっているので副作用の報告はありません。

レナセルの解約方法

1~4回目までで解約を希望する場合、次の商品が届く10日前までに電話すれば解約は可能ですが、検査費用の24,800円が別に請求されます。

5回目以降に解約する場合は、次の商品が届く10日前までに電話すれば検査費用は無料で解約できます。

なお、不良品や破損品は電話で連絡すれば、着払いで交換していただけます。

レナセルのお問い合わせ先

社名
株式会社
ハーバーリンクスジャパン
店舗名 Renacell(レナセル)
代表者 代表取締役
牧野 一郎
郵便番号 105-0004
所在地 東京都港区新橋6-9-4
新橋六丁目ビル
電話 03-5777-0181
Eメール info@renacell.jp